エマーキット(EMAKED)で目の周りに黒ずみができる?

エマーキット(EMAKED)で目の周りに黒ずみができる?

 

エマーキットのようなまつ毛美容液を利用する時に気になるのが、
利用の副作用で色素沈着が起きるかどうかという点ではないでしょうか。

 

ここでは、エマーキットの利用で黒ずみができるのかどうかや、まつ毛美容液を使うと黒ずみができる原因は何なのかについて詳しく調べてみました。

 

 

まつ毛美容液と黒ずみ

デカ目ブームの今、まつ毛を増やしたり伸ばしたりする効果のあるまつ毛美容液は、若い女性の必須コスメアイテムになりつつあります。

 

しかし、まつ毛美容液の口コミで多いのが目の充血などのトラブルと、黒ずみやくすみなどの色素沈着に関するものです。

 

ただし、黒ずみができる、できないに関しては商品によって大きく異なっています。

 

どうしてそのような違いが生まれるのでしょうか。

 

 

なぜまつ毛美容液を使うと黒ずみができるのか?

まつ毛美容液は、はじめ「緑内障」の治療成分の副作用である増毛効果に着目して開発されました。

 

しかし、緑内障の治療薬成分「プロスタグランジ」には、増毛効果と共に黒ずみやくすみといった色素沈着を引き起こすこともわかっています。

 

つまり、この緑内障の治療薬成分がまつ毛美容液に使われているかどうかで、色素沈着の副作用が起こる可能性があるのか調べることができるようです。

 

エマーキットに色素沈着成分は入っているのか?

エマーキットの成分表を見てみると、

 

水、加水分解ムコ多糖、ヒアルロン酸Na、カプリリルグリコール、ヘキサペプチド-2、パルミトイルペンタペプチド-4、乳酸Na、PCA-Na、ソルビトール、プロリン、リン酸Na、ビオチン、チャ葉エキス、オタネニンジン根エキス、イチョウ葉エキス、塩化Na、パパイア果実エキス、ブドウ種子エキス、シルクアミノ酸、フェノキシエタノール、ホクベイフウロソウエキス、カンゾウ根エキス、パンテノール、(アクリレーツ/アクリル酸アルキル(c10-30))クロスポリマー、ポリソルベート20、TEA、メチルパラベン、エチルパラベン、プロピルパラベン、ブチルパラベン、イソブチルパラベン

 

となっており、問題成分の「プロスタグランジ」は含まれていません。成分表を見る限り、エマーキットで黒ずみやくすみが起きる心配はないようですね。

 

 

エマーキットで黒ずみが起こる人がいるのはどうしてか?

上記のように、エマーキットに色素沈着を起こすような成分が入っていないことがわかりましたが、口コミなどを見ているとエマーキットで黒ずみができたと言う利用者がいるのも事実です。

 

おそらく、エマーキットの成分の何かが、人によっては黒ずみを引き起こしてしまうのでしょう。

 

ほとんどの場合、症状は軽く、使用をやめることで数日中に黒ずみやくすみは消えるようです。どうしても気になる方は、黒ずみやくすみがでやすい下まつ毛への使用を控えると良いでしょう。

 

 

まとめ

エマーキットには、まつ毛美容液の黒ずみを引き起こす原因である「プロスタグランジ」は含まれておらず、黒ずみが起こりにくい製品であることがわかりました。

 

しかし、エマーキット利用者の中には少数とはいえ、黒ずみが起こったという方もいますから、心配な方や黒ずみが出てしまった方は、下まぶたや肌につかないつけ方をおすすめします。


ホーム RSS購読 サイトマップ